慣れない在宅勤務のストレスを減らす3つ方法

ハッピーワークライフメソッド カウンセラー の
長谷川 奈緒です

今日は私が考える

「慣れない在宅勤務のストレスを減らす3つの方法」を

お伝えしたいと思います

 

1. 自分の力ではどうにもできないことは気にしない

コロナウイルスの感染拡大で、

仕事を取り巻く環境も大きな変化が

起きています。

休業を余儀なくされたり、お客さんが激減したり、慣れない在宅勤務で

孤独を感じている方もいるでしょう。

でも、この状況って、個人の力ではどうしようもない部分がほとんど。

だから、今は他のことは気にせず私たちにできるのは、自分に集中するが

必要だと思います。

たとえば取引先や上長がピリピリしているとか、

お客さまが減ったとか、売り上げが少ないとかだ、そういうことは気にしない。

まわりのことは、ロケットで遠くに飛ばすイメージで頭から取り除いてみてください。

今日の仕事にだけ集中してみてください。

きっと責任感の強い方は、いろいろな面を気にされているかもしれません。

そういう方は「私、慣れない環境の中、がんばっているよね!」と

毎日、自分を褒めてあげてください。

 

2. 在宅ワークがはかどる仕事スペースにする

もし自宅作業で、会社にいるときのように

仕事がはかどらないなぁと感じたら、部屋の環境を見直してみてください。

家だと仕事とプライベートとの切り替えが難しいと

感じているという方が多いですが、

仕事をするデスクの上をオフィスとできるだけ

同じような配置にしてみる。ラジオや音楽を流して、

コーヒーを飲みながらするのはどうでしょう。

このウイルスでの環境変化で、

自分が対応した経験は将来きっと

自分の経験値として将来役に立つはずです。

 

3. 時にはNo!という

オフィスで働いていたときはやっていたから、

在宅勤務ではできない と言いにくいというお話も聞きます。

でも考えてみてください

このコロナの状況はあなただけの状況ではないはずです

日本全国、世界全体がこの厳しい状況をニュースなどで

わかっているはずです。

急に在宅勤務になって、仕事環境が整っていなかったり

オフィスと同じわけではいかないことなどありますよね。

もし知らない人がいたら、厳しい状況を上司、同僚、

取引先に丁寧に、建設的にまず伝えてみてください。

そうそればあなたの主張が通るかもしれませんし、

別の案が出てくるかもしれません。

 

無理をすると、これから長期にわたるであろう在宅勤務を

続けることができません。

今、アクセル全開だとこの先息切れしてしまいますので

すこし緩めていきましょう。

>>ご予約はこちら